ホーム > 胸を大きくしたい:バッグ





Q18:乳腺下法と大胸筋下法はどちらがいいのでしょうか?



バッグを入れる場所は2通りの入れ方があります。大胸筋という腕を動かす筋肉がありますが、その筋肉を肋骨よりはがして大胸筋と肋骨の間にバッグを入れる大胸筋下法と、大胸筋をはがさず大胸筋の上の乳腺下に入れる乳腺下法です(図01)。大胸筋下法ですと、大胸筋をはくりしますので、手術後の痛みが強くでます。大体一週間ぐらいは仕事や家事もできないと思っていただいていいでしょう。一方乳腺下法ですと筋肉ははがしませんので術後の痛みは大胸筋下法より軽くて、2〜3日で楽になり仕事や家事を行えるようになります。触感は大胸筋下法ですと筋肉がバッグとの間に入るのでやや固く、乳腺下法ですと筋肉の上にバッグがのっているので、バッグのやわらかい感触がダイレクトに伝わりよりやわらかく感じられます。形も乳腺下法ですとバッグが乳腺の真下に入るので、アンダーにボリュームのある自然なつりがね型になりますが、大胸筋下法ですと大胸筋と肋骨の間にバッグを入れるので、アンダーの部分にすきまができて、弱冠バッグが乳腺より上の位置に入るので鳩胸のように、上にボリュームがあってアンダーにボリュームのない不自然な形になりやすくなります。








ホーム > 胸を大きくしたい:バッグ



豊胸手術 関連ホームページ
アサミ美容外科「豊胸・バストアップ」





アサミ美容外科。東京都渋谷区宇田川町36-2ノア渋谷12F

運営:アサミ美容外科 渋谷 / 名古屋 / 大阪